和紙ックは越前和紙とLEDが融合したアートです今までにない和紙アートの世界で魅せる和紙ックです和紙ックはインテリア性の高い間接照明にもなります
和紙ックのコンセプトは手漉き和紙によるアート表現 アート作品とのセットや2Lサイズもある和紙ック 和紙ック展開催や各店舗・イベントへの展示実績 アート作品と和紙ックフォトフレームのセット商品 プロの写真と和紙ックフォトフレームのセット商品 書と和紙ックフォトフレームのセット商品 和紙ックフォトフレーム2Lタイプです ワイヤーは壁掛け和紙ックフォトフレームの付属品 ゴッホ・糸杉麦畑と和紙ックフォトフレーム ゴッホ・ひまわりと和紙ックフォトフレーム モネ・ウォータールー橋と和紙ックフォトフレーム モネ・睡蓮1と和紙ックフォトフレーム モネ・睡蓮2と和紙ックフォトフレーム モネ・積みわらと和紙ックフォトフレーム モネ・散歩、日傘をさす女と和紙ックフォトフレーム セザンヌ・ヴィクトワール山と和紙ックフォトフレーム セザンヌ・サント=ヴィクトワール山と和紙ックフォトフレーム フェルメール・水差しを持つ女と和紙ックフォトフレーム フェルメール・真珠の耳飾りの少女と和紙ックフォトフレーム クレー・子羊と和紙ックフォトフレーム クレー・PLANTと和紙ックフォトフレーム クレー・FishMagicと和紙ックフォトフレーム クレー・セネシオと和紙ックフォトフレーム クレー・と和紙ックフォトフレーム クレー・と和紙ックフォトフレーム ムンク・太陽と和紙ックフォトフレーム ムンク・接吻4と和紙ックフォトフレーム マネ・団扇と婦人と和紙ックフォトフレーム ゴーギャン・アルルの病院の庭にてと和紙ックフォトフレーム ゴーギャン・アレアレアと和紙ックフォトフレーム ゴーギャン・ファタタテミティと和紙ックフォトフレーム カンディンスキー・印象と和紙ックフォトフレーム カンディンスキー・TransverseLineと和紙ックフォトフレーム ダヴィンチ・モナリザと和紙ックフォトフレーム ダヴィンチ・救世主と和紙ックフォトフレーム クリムト・接吻と和紙ックフォトフレーム クリムト・アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像と和紙ックフォトフレーム マティス・ダンス2と和紙ックフォトフレーム マティス・王の悲しみと和紙ックフォトフレーム ミレー・晩鐘と和紙ックフォトフレーム 伊藤若冲・紫陽花双鶏図と和紙ックフォトフレーム 伊藤若冲・樹花鳥獣図屏風と和紙ックフォトフレーム 伊藤若冲・南天雄鶏図と和紙ックフォトフレーム横山大観・ 龍興而致雲と和紙ックフォトフレーム横山大観・ 海潮四題夏と和紙ックフォトフレーム クリムト・接吻と和紙ックフォトフレーム ダヴィンチ・モナリザと和紙ックフォトフレーム フェルメール・真珠の耳飾りの少女と和紙ックフォトフレーム ミレー・落穂拾いと和紙ックフォトフレーム モネ・睡蓮と和紙ックフォトフレーム

世界初!和紙にプリントした複製画を和紙製インテリア額縁にセットした新たなる和紙アートが誕生しました(特許取得)

1500年の歴史をもつ「越前和紙」と「LED」の灯りが融合し、今までにない和紙アートの世界が誕生しました。
『和紙ック-WA CHIC-』の額表は越前和紙の伝統工芸士が精魂込めて漉いた、世界に1つだけの手漉き和紙。
作品も専用和紙に印刷して和紙ックに装入。額装と作品を背面から幻想的に照らします。その灯りは間接照明として空間を包み、癒しのアート世界に誘います。

絶えまなくチャレンジ!

和紙ックは2016年に商品化して販売しました。5年経過しました。東京を中心での展示会に出展。百貨店、和紙関係やアート関係、写真関係、アーティストなどをターゲットに営業活動もしてきました。また商談会にも何度も出てきました。和紙ックには、今までにない和紙の灯で楽しめる新しいアート鑑賞方法となり、本当に大きな可能性を秘めた商品と信じています。和紙が持つ気品と灯の癒し効果で人々を優しく包み込んでくれる素晴らしい商品だと考えています。

 

しかし、販売に向けてクリアできない課題がありました。それは暗い場所への展示販売です。和紙ックの本当の良さを感じ取るには暗室に近い暗さが必要となります。そのような空間で観ていただけなければ商品の魅了が伝わりません。営業先を回りそのような場所を探しましたが、なかなか見つかりません。ほとんどの店舗は明るく和紙ックの展示に不向きです。ここがなかなか難しくクリアできず拡販ができませんでした。

 

昨年初めからもっと皆さんに身近に皆さんに感じて欲しいと、よく知られている世界の名画を和紙ックに入れて「ふるさと納税品」として通販サイトに出品してみました。すると9月から少しづつ売れ始めました。昨年12月1ヶ月間で大サイズが大量の注文がありました。販売方法の糸口が見えたと感じました。ホームページの中には和紙ックの良さを感じる暗くベストなシーンが作れ、和紙ックの魅力を感じていただけるます。また、ふるさと納税サイト以外にも絵画を求めるユーザーが集まるサイトにも登録して拡販に努めていきたいと考えています。
毎朝、「和紙ックへの思い」として「和紙ックの拡販で、関わる人々を幸せにしていき、芸術文化に貢献する。」をスタッフと毎朝唱和しています。

 

これからも熱い思いをたえず持ち続け、たえずチャレンジしていき、日本が誇る伝統工芸品としての和紙の良さを多くの人々に伝えていきたいと強く思っています。
そしていつの日にか和紙ックを展示販売できる暗室ショップを全国に展開していきます!